国際 RSS

 

車に「住む」ことを余儀なくされているアメリカ人が増加

2018年8月10日 12:58

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

taraiok曰く、 ワシントン州シアトル・キング郡による最近のホームレス人口調査によると、過去1年間で車上生活者は46%増加したそうだ。これは人口の約25%が車両に住んでいることになるという。これはシアトルだけの問題ではない(CBS NewsGoverningBusiness InsiderNew York PostSlashdot

 ロサンゼルス、ポートランド、サンフランシスコなどの多くの主要都市で「車両ホームレス」が爆発的に増加している。原因は多くの人が手頃な価格の住宅を見つけることができないためだ。この傾向は、Amazon、Microsoft、その他の大手企業がいる西海岸で特に懸念されている。シリコンバレーでは、Google従業員の一人がアパートを引き払ってトラックで2年間生活した結果、年収の90%である48,000ドルが節約できたとしている。

 なお、187都市の政策を追跡している「ホームレスと貧困に関する国立法律センター(NLCHP)」の調査によると、こうした車での居住禁止命令は過去10年間で倍増しているという。NLCHPは、こうした禁止令は、ホームレスが合法的に住める場所を喪失させる可能性があると指摘している。

 スラドのコメントを読む | ニュース | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
シリコンバレーでは4人に1人が飢えに瀕している 2017年12月19日
米国で「自動車に住む」ことを選ぶ若者が増えつつある 2017年09月06日
ポール・アレン、シアトルのホームレス対策として収容施設建設費用3000万ドルを提供 2017年05月03日
米国人にとっても新車は一般ファミリーが買うには高すぎるものになっているという調査結果 2016年07月06日
米Amazon、ホームレス増加が著しいシアトルで自社の空きビルを収容施設として一時的に提供へ 2016年04月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 昨年公開されたRAV4 PHVの米国仕様である「RAV4 Prime」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ダイハツ「ロッキー」(画像:ダイハツ工業発表資料より)
  • RSプロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • Disk画像の一例 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース