Android版Gboard、「sit on」に続く入力候補に「my face and」を表示

2018年8月3日 00:41

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、 Googleのキーボードアプリ「Gboard」のアンドロイド版で、「sit on」と入力すると次の入力候補に「my face and」と表示される問題が発生し、Googleが修正のロールアウトを開始したそうだ(MashableAndroid Police)。

 問題が発生するのはGboardの入力言語で「英語 (米国)」が選択されている場合だ。英語 (米国)と他言語を組み合わせた多言語入力の場合、「sit on」で入力候補「my face and」は表示されないが、「sit on my」まで入力すれば「face」が入力候補として提示される。ただし、米国以外の英語を入力言語にした場合はいずれも表示されない。最初の報告者とされる人の場合、ベビーシッターに連絡しようとして「sit」と入力したら「on my face」という入力候補が表示されたと述べているが、こちらは確認できなかった。

 GoogleはBuzzFeed Newsに対し、このような予測入力候補を避けるようにGboardは設計されているが、人間の言語は複雑であり、機械学習モデルを通じて不適切な候補が紛れ込んでしまうと説明している。また、入力候補が不適切であることが判明すれば削除するとのこと。Gboardの「設定」→「テキストの修正」には「不適切な語句をブロック」というオプションがあり、デフォルトでオンになっているが、「sit on my face」では性的ではない単語のみの組み合わせで性的な表現になるため、識別が難しかったのかもしれない。なお、「テキストの修正」で「次の入力候補」をオフにすれば、入力候補は表示されなくなる。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Google | ソフトウェア | 人工知能 | 変なモノ | IT | Android

 関連ストーリー:
Siriに「mother」の定義を聞くと? 2018年04月30日
Amazon Echo、子供からの音楽再生リクエストに対し卑猥な単語を読み上げる 2017年01月10日
俗語を覚えたスーパーコンピュータ Watson、口汚い言葉を使うように 2013年01月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAndroidキーボード

広告

広告

写真で見るニュース

  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース