インド政府、偽ニュース拡散防止に「WhatsApp」の暗号化解除を要請

2018年7月29日 22:24

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 インドは2億5000万人以上のユーザーを抱えるWhatsApp利用者の最も多い国だ。しかし、7月の頭には児童誘拐犯だとのフェイクニュースが「WhatsApp」上で広まり、私的制裁により5人が殺害される事件が起きた。今年はこうしたWhatsAppとフェイクニュースがらみの事件で20人以上の死者が出ているという。インド政府はデジタルプラットフォーム上に偽のニュースが広がるのを阻止しようとしている。

 WhatsApp側も受信したメッセージのうち、転送されて届いたメッセージにはラベルを表示するなどの対策を行っている。しかし、インド政府はそれでは対策が足りないとして、虚偽の情報の完全な追跡ができるユーザートレース機能の実装をWhatsAppに求めた。しかし、WhatsApp側は、ユーザーのプライバシーを保護するサービスの中核的価値を損なうとして反発している。インド政府は対策が行われない場合、法的措置に直面する可能性があるとしている(VentureBeatCNETCNETその2EngadgetSlashdot)。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 検閲

 関連ストーリー:
インドの決済会社Paytm、政府に個人情報を引き渡した疑いが持たれる 2018年06月01日
インド・トリプラ州のデブ知事曰く、インドは古代神話時代からインターネットと衛星を持っていた 2018年05月02日
マレーシア、嘘のニュースを故意に広めた者などに対する重い罰則を定める法案 2018年04月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードインドWhatsApp偽ニュース

広告

写真で見るニュース

  • 1992年までわんぱくランドで稼働した「お城観覧車」(バンダイナムコアミューズメント発表資料より)
  • WAKAZEの定番商品ラインナップ(画像: WAKAZEの発表資料より)
  • 土星探査機カッシーニが明らかにしたタイタン北半球の海や湖 (c) NASA/JPL-Caltech/Univ. Arizona/Univ. Idaho
  • 「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース