Android PのWPSサポート、今後のリリースで復活へ

2018年7月22日 23:45

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Android Pでは廃止されるとの見方が強まっていたWPS(Wi-Fi Protected Setup)サポートだが、16日にGoogleのIssue Tracker(要ログイン)で修正済みとマークされ、今後のAndroidリリースで復活すると報告された(Android Policeの記事)。

Android Pでは5月のDP2 (Beta)で設定→Wi-FiからWPSオプションが削除されており、今月提供開始されたDP4 (Beta 3)でも復活していない。また、DP2ではWPS関連の複数のAPIが非推奨となっていた。そのため、セキュリティに問題があるWPSのサポートを廃止する方向なのではないかとの見方が強まっていた。なお、Google側からは今後のリリースで利用可能になるとの報告のみで、削除された理由も復活する理由も特に説明されないままとなっている。 

スラドのコメントを読む | デベロッパーセクション | 通信 | スラッシュバック | デベロッパー | Android

 関連ストーリー:
Android PではWPSが廃止に? 2018年07月10日
Android P Beta 3の提供が始まる 2018年07月05日
Android Pのベータプログラム、対応端末が大幅に増加 2018年05月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAndroidWi-Fi(無線LAN)Android P

「ソフトウェア・OS」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース