マザーズ先物概況:大幅反発、円安やアジア株高などで買い先行

2018年7月12日 17:21

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*17:21JST マザーズ先物概況:大幅反発、円安やアジア株高などで買い先行
12日のマザーズ先物は大幅反発。前日比11.0pt(+1.07%)高の1034.0ptで取引を終えた。高値は1043.0pt、安値は1027.0pt、売買高は1256枚。

本日のマザーズ先物は反発して取引を終えた。約6カ月ぶりの円安水準となった為替相場やアジア株高などを背景に主力の東証1部市場の大型株が上昇したことから投資マインドが改善し、マザーズ市場では時価総額上位銘柄中心に値を上げたことから、マザーズ先物も買い戻しの動きが広がり、5日線(1030.2pt)水準も上回った。ただ、マザーズ先物はひとまず反発したが、依然個人投資家の投資マインドは改善していない上、米国と主要貿易相手国との通商問題の先行きも不透明で、積極的に売買を仕掛ける向きも少なく、上値の重い展開となっていた。《DM》

広告

広告

写真で見るニュース

  • ヨドバシ梅田タワーのイメージ。(ヨドバシホールディングス発表資料より)
  • 「next cruiser EV」(画像: ブレイズの発表資料より)
  • 「Galaxy S10+ Olympic Games Edition」(画像: サムスン電子ジャパンの発表資料より)
  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース