今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆130円台後半で上げ渋る展開に

2018年7月12日 08:50

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*08:50JST 今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆130円台後半で上げ渋る展開に
ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、欧州中央銀行(ECB)は2018年前半にもフォワードガイダンスを変更するとの思惑が広がったことで、一時1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。ユーロ・円は、英国民投票でEUからの離脱が決定し、一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)から137円50銭(2018/2/2)まで買われた。ユーロ圏と米国の金利差は当面拡大していくとの見方は変わっていないが、米中貿易戦争に対する警戒感は消えていないため、米ドル高・円安が一服した場合、ユーロは130円台後半で上げ渋る展開となりそうだ。

【ユーロ売り要因】
・ドイツの景況感悪化
・米FOMCは金利見通し引き上げ
・ECBの政策金利は長期間据え置きへ

【ユーロ買い要因】
・ECBによる利上げ開始時期は来年7月との見方
・ECBによる資産買い入れ策は年内終了へ
・米長期金利の上げ渋り《CS》

「東京株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース