買い先行も地合いは不安定/日経225・本日の想定レンジ

2018年7月12日 08:16

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*08:16JST 買い先行も地合いは不安定
[本日の想定レンジ]

11日は米NYダウが219.21ドル安の24700.45、ナスダック総合指数が42.59pt安の7716.61。シカゴ日経225先物は大証比90円高の22200円。為替は1ドル112円前後と前日午後3時時点より円安。本日の日経平均は昨日の大幅安の反動で、強含みのスタートが予想される。前日のローソク足は長い下ひげを出しており、下値での買い需要を確認するとともに、わずかな需給の変動が急落につながる地合いの不安定さを示唆した。このため、朝方は買い先行が予想されるが、取引時間中の円高進行など外部環境の変化に見舞われた場合は前日に続いて5日線を下回る展開となる可能性がありそうだ。一目均衡表では基準線が横ばいの一方、転換線は下落し、遅行線は株価との下方乖離幅を拡大して弱気シグナルを増している。このため、日経平均が基準線を抜けても雲上限の手前では上値が重くなるだろう。ボリンジャーバンドでは、日々線は-1σを離れて中心線に向かいそうだが、中心線から上側では買いの勢いが鈍りそうだ。

[予想レンジ]上限22350円−下限21950円《SK》

「東京株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース