青森県沖に実在しない島、複数の地図に記載

2018年6月25日 18:16

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

maia曰く、 二宮書店が発行する地図帳に、実在しない島が掲載されていたという(ハフィントンポスト)。この島は地図上で青森県津軽半島沖100kmの地点(渡島大島と渡島小島と三角形をなす地点)に描かれており、問題の地図帳には2009年版から2017年版まで載っていたという。海底地形図では海深3300mの地点である。

 二宮書店は印刷ミスとしているが、Googleマップにも掲載されていて、2013年10月2日に抹消されたが、また謎の復活が同年11月28日に確認されている(ハフポスト)。

 謎の島の話題は2008年のYahoo!知恵袋にも見られた。GoogleやYahoo!の地図では現在はその「島」は記載されていないが、iOS純正の地図には2018年6月24日現在も残っているという。2013年頃の話では、ノキアなどの地図にも載っていたらしい。ちなみに青森県深浦沖30kmの久六島は実在する島である。

 スラドのコメントを読む | 日本 | 変なモノ

 関連ストーリー:
地図アプリやナビゲーションアプリの普及で新たな交通渋滞が生まれる可能性 2018年03月23日
中国では外国企業が地図情報を取得することは禁止されている 2017年12月21日
非実在レストラン、偽レビューのおかげで口コミサイト「トリップアドバイザー」英国版でトップ評価に 2017年12月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード青森県GoogleiOSYahoo!

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「Galaxy S10+ Olympic Games Edition」(画像: サムスン電子ジャパンの発表資料より)
  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース