世界のインターネット利用時間、2019年にはテレビ接触時間超えに

2018年6月19日 18:12

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 あるAnonymous Coward 曰く、

 調査会社Zenithの予測によると、2019年にはインターネット利用時間がテレビの利用時間を上回るそうだ(iPhone ManiaRecode)。

 同社の調査によると、1日当たりのネット利用時間は年々増加しており、2018年時点では約160時間。いっぽうテレビに対する接触時間は約170時間ほどでやや減少傾向にある。ネット利用時間の上昇とテレビ接触時間の減少が同じペースで進むと、2019年にはネット利用情感がテレビ接触時間を僅かながら上回ると見られている。

 これに伴い広告費についても2019年にはネットがTVを上回るとみられている。ネット利用時間の情報は低価格なスマートフォンの登場によるスマートフォンユーザーの増加が影響しているようだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | テレビ | 携帯電話 | インターネット

 関連ストーリー:
昨年の世界におけるテレビ平均視聴時間は2時間56分 2018年04月13日
動画ネット配信サービスの普及で子供のCM離れが進む、親はこれについて好意的 2017年12月29日
日本の地上波テレビからおっぱいはどのように消えたのか 2017年06月13日
ネット動画配信以外のTVを見ない家庭の子供はCMというものが何なのか分からない 2017年03月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードiPhone広告費

広告

広告

写真で見るニュース

  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
  • 「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の画面イメージ。(画像: ボードウォークの発表資料より)
  • 2012年8月31日に起こったコロナ質量放出の様子。(c) NASA's Goddard Space Flight Center
  • アルト 40周年記念特別仕様車 Lリミテッド。(画像:スズキ発表資料より)
  • PCエンジンミニ、本体イメージ。(c)Konami Digital Entertainment
  • 「ドラゴンクエストウォーク」の画面イメージ。(画像: スクウェア・エニックスの発表資料より)
  • 「レモンのタルト12cm」(写真:大丸松坂屋百貨店の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース