東京為替:ドル・円は高値圏、日銀総裁会見が下支え

2018年6月15日 16:11

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:11JST 東京為替:ドル・円は高値圏、日銀総裁会見が下支え

 15日午後の東京市場で、ドル・円は110円80銭台と本日高値圏での推移が続く。日銀の黒田総裁は15時半からの定例記者会見で「現在の金融緩和を粘り強く進めていくことが有効」などと述べ、緩和的な政策維持を強調。ドル・円の下支えとなっている。ただ、米株先物が下げ、米10年債利回りは2.92%台に低下しており、ドル買いは進めづらい状況。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円46銭から110円90銭。ユーロ・円は127円70銭から128円33銭、ユーロ・ドルは1.1544ドルから1.1585ドルで推移。《KK》

「外国為替」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース