イントラスト 三菱総合研究所と共同発明の「家賃保証審査モデル」が特許登録

2018年6月15日 16:01

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:01JST イントラスト---三菱総合研究所と共同発明の「家賃保証審査モデル」が特許登録
イントラスト<7191>は13日、三菱総合研究所(本社:東京都千代田区)と共同で特許出願していた賃貸物件向けの「家賃保証審査モデル」を用いたシステムに係る発明が、特許として登録されたことを発表した。

本モデルの発明により、「適正なリスクの把握と適正な保証の実行」の精度が上がり、販売機会と保有リスクの最適化による収益の最大化が可能になった。

また、本モデルの発明は、保証のリスクを2つ視点(1.滞納発生による作業リスク、2.債権の焦付きリスク)からの総合評価で、最適なリスク判断を可能にしたとのこと。

同社は今後も、総合保証サービスのリーディングカンパニーとして、独自のノウハウを活かした生産スキームや保証商品を開発・展開し、家賃債務保証のみならずあらゆる分野の収益機会に挑むとのこと。《MW》

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース