エイジア Research Memo(7):配当性向30%前後を目安とし、収益成長とともに連続増配を続けていく方針

2018年6月14日 16:40

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:40JST エイジア Research Memo(7):配当性向30%前後を目安とし、収益成長とともに連続増配を続けていく方針
■株主還元策

エイジア<2352>は株主還元策として配当を実施している。配当政策に関しては「新規事業投資や研究開発投資などに必要な内部留保を行いつつ、安定的な配当を行っていく」ことを基本方針とし、配当性向で30%程度の水準を目安としている。2019年3月期の1株当たり配当金は前期比2.0円増配の20.0円(配当性向29.6%)を予定しており、今後も収益拡大に合わせて増配を続けていきたい考えだ。仮に中期経営計画どおりに業績が達成し、株式数も変わらないとすれば、2020年3月期の1株当たり配当金は配当性向30%で24円程度まで増加することになる。


■情報セキュリティ対策
同社は情報セキュリティ対策について、アプリケーション、インフラシステム、マネジメントシステムと3レイヤーに分けて対策を行っている。アプリケーションレベルでは脆弱性対策やウイルス対策、ネット上での暗号キーの活用などを実施している。インフラシステムに関しては、社内システムと外部との接点においてファイアウォールの構築や、監視システムを導入するなどの対策を実施している。

また、マネジメントレベルでは、情報管理担当責任者を1名配置し、情報漏えいリスクに対してのチェックを行っている。また、顧客情報等の情報漏えいによる損害賠償リスクに備えるため、情報漏えい保険(保険金額で最大10億円)にも加入している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)《MW》

広告