みずほFGのシステム移行、初回作業では大きなトラブルなし

2018年6月12日 21:18

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 勘定系システムの移行を行っているみずほフィナンシャルグループが、9日から11日にかけてすべてのオンラインサービスを停止させ、システム移行のための初回作業を実施した。今回の作業では大きなトラブルはなく無事に完了しているという(日経新聞ITmedia)。

 今回行われた作業では顧客名などの基礎情報の移行が行われたとのこと。次回の作業は7月14日から17日にかけて同様にオンラインサービスを停止させての作業が行われる。移行作業は全9回となっており、完了は2019年度上期とされている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ニュース | IT

 関連ストーリー:
三菱UFJ・三井住友・みずほの3メガバンク、ATMを共通化する協議を開始 2018年05月14日
みずほフィナンシャルグループ、構造改革で「2割の人員と拠点が不要」に 2018年03月27日
みずほ銀行の次期勘定系システムが7月末に完成する見通しになったと日本経済新聞が報じる 2017年07月27日
みずほの新システム、今夏に完成する見通し 2017年05月10日
みずほ銀行の新システム開発、また遅延 2016年11月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードみずほ銀行みずほフィナンシャルグループ

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ホンダ「S2000」純正バーツ装着イメージ。(画像: ホンダアクセスの発表資料より)
  • 新型アコード。(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 「2020 トップセーフティピック+」という最高の安全評価を受けた北米マツダのCX-5(画像: マツダUSA発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース