ミネベアミツミ<6479>のフィスコ二期業績予想

2018年6月10日 06:00

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*06:00JST ミネベアミツミ<6479>のフィスコ二期業績予想
※この業績予想は2018年5月30日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

ミネベアミツミ<6479>

3ヶ月後
予想株価
2,500円

ミニチュアボールベアリングで世界トップシェア。ミツミ電機と1/27付で経営統合・社名変更しミネベアミツミへ。18.3期は、電子機器・機械加工品など全ての事業が好調で大幅増収増益、過去最高実績で落着。

19.3期はIFRS基準に変更、実質増収・営業増益。機械加工品は主力のボールベアリング需要が拡大、電子機器も堅調。ミツミ統合効果で生産性向上。20.3期は中期計画ベースを予想。株価は緩やかな上昇基調。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/940,000/83,000/82,000/65,000/155.00/31.00
20.3期連/F予/1,000,000/100,000/99,000/78,500/187.20/35.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/05/30
執筆者:HY《FA》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
  • 木星衝突目前のシューメーカー・レヴィ第9彗星 (c) NASA
  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
  • 渦巻銀河NGC3147のブラックホールに存在する降着円盤の想像図 (c) NASA, ESA, S. Bianchi (Università degli Studi Roma Tre University), A. Laor (Technion-Israel Institute of Technology), and M. Chiaberge (ESA, STScI, and JHU); illustration: NASA, ESA, and A. Feild and L. Hustak (STScI)
  • イオンモール上尾のイメージ(イオンモール発表資料より)
  • Nintendo Switch Lite イエロー。(画像:任天堂発表資料より)
  • 機体左側のイメージ(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース