Facebook、端末メーカー60社以上にユーザー情報取得できるAPIを提供

2018年6月8日 21:06

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 FacebookがAppleやSamsungなどの端末メーカーに対し、Facebookが収集した個人情報を提供していたという話が出ている(The New York TimesCNETITmediaSlashdot)。

 Facebookは10年以上前に60以上の端末メーカーと「データ共有パートナーシップ」を結び、端末メーカーにFacebookの機能を端末から利用するためのAPIを提供していたそうだが、このAPIを利用することで端末メーカーは広範な情報を取得でき、さらにユーザーの同意無しに情報を収集できる状況だったという。

 Facebook側はこのようなパートナーシップの存在は認めているが、端末メーカーは取得した情報を他の目的では利用しないという契約に署名しているとし、またユーザーの同意なしに情報を使うこともできないと反論している。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Facebook | プライバシ

 関連ストーリー:
パプアニューギニア、Facebookを1か月間遮断する計画 2018年06月02日
EUの一般データ保護規則(GDPR)が施行、GoogleとFacebookがさっそくGDPR違反として提訴される 2018年05月29日
米国の消費者保護団体ら、Facebookの分割を要求 2018年05月25日
Facebook、3日月で5.8億個の偽アカウントを削除、ほとんどはスパムアカウント 2018年05月23日
Facebookで収集した情報を使って選挙コンサルタントを行っていた英企業ケンブリッジ・アナリティカ、解散へ? 2018年05月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードFacebookAppleSamsung

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース