東京23区内の大学定員、10年間増加を認めない法律成立

2018年5月31日 21:06

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 東京23区内の大学の定員増を今後2028年3月末まで認めないことが盛り込まれた「地域における大学の振興及び若者の雇用機会の創出による若者の修学及び就業の促進に関する法律案」(地域大学振興法)が25日可決、成立した(時事通信日経新聞朝日新聞)。

 急速な少子化の進行と「地域の若者の著しい減少」への対策とするもの。また、地方大学への交付金の配分も行われる。

 スラドのコメントを読む | 日本 | 教育

 関連ストーリー:
「田舎」と都会には教育・文化格差がある? 2018年05月02日
東京都、政府による23区内の大学の定員増加抑制について反対声明を出す 2018年02月07日
全国知事会、東京23区での大学・学部の新増設を制限するよう政府に求める方針 2016年11月28日
原子力関係の大学・大学院の受験者数、2014年度は増加 2014年06月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース