JトラストはANZ Royal Bank(Cambodia)Ltd.の発行済み普通株式の55.0%を取得することを決議

2018年5月18日 09:40

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■2016年の銀行部門の総資産ランキング第5位

 Jトラスト<8508>(東2)は17日、同日開催の取締役会でANZ Royal Bank(Cambodia)Ltd.(本社:カンボジア王国プノンペン特別市、以下、ANZR)の発行済み普通株式の55.0%をANZ Funds Pty Ltd.(以下、ANZF)から取得することを決議した。 なお、この株式取得についてはカンボジア当局の承認を前提としている。  また、株式取得後、ANZRの名称変更を行い、同社の連結子会社及び特定子会社にする。

 ANZRは、カンボジアの大企業グループであるRGCの子会社Royal Group Finance Co.,LtdとANZFがジョイントベンチャーで、2005年にカンボジアで設立した商業銀行であり、2016年の銀行部門の総資産ランキングでは第5位に位置する等、今後更なる成長が期待されている。

 同社グループは、成長戦略の一環として、主に東南アジアにフォーカスした事業拡大を目指して、銀行業及びファイナンス事業を中心に積極的にM&Aを行っている。今回のANZRの株式取得では、これまで同社グループが日本、韓国、そしてインドネシアで培ってきた、特にリテール分野での金融事業のノウハウを活用してANZRの成長へ貢献できるものと予想される。

 ANZRは、コーポレート及びリテールからなる2つのセグメントを有しており、多様な金融商品を中心とした質の高いサービスと安全性でカンボジア国内では評価されている。また、カンボジア国内の上位1%の企業と人口5%の富裕層を顧客対象とする低リスク市場にフォーカスした事業戦略を取っている。

 同社は、ANZRの株式取得後、これまでの事業の一層の成長を図りつつ、リテール戦略を革新し、ターゲット市場を、市場規模が大きく、潜在成長力の大きいセグメントまで拡大することを目指している。また、同社グループの高い債権回収ノウハウ、リースなどの新商品開発や日系企業のネットワークを活用し、事業拡大を図る計画。また、今後、ミャンマーやラオスにも、ANZRをプラットフォームとして展開をしたいと考えており、ANZRを今後のメコン地域での事業拡大の拠点とすることも考えている。

 取得株式数は、41万2500株(所有割合55.0%)で、取得価額は114億円。株式の譲渡日は、19年5月までに完了する予定。

 なお、株式取得を19年5月に予定していることから、今年度の業績に与える影響は無いとしている。しかし、案件の進捗状況により今年度にクロージングが行われる場合は、今期業績予想への影響が判明次第公表する。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)
【材料でみる株価】イオレは団体活動を支援するデータカンパニー(2018/02/19)
【業績でみる株価】夢真ホールディングスは17年9月期1Q大幅増収増益、通期予想に上振れ余地(2018/02/13)
【株式評論家の視点】スペースシャワーネットワークは第3四半期業績が年計画を上回り好調、下値圏に届き下げ渋る(2018/02/07)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
  • 「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の画面イメージ。(画像: ボードウォークの発表資料より)
  • 2012年8月31日に起こったコロナ質量放出の様子。(c) NASA's Goddard Space Flight Center
  • アルト 40周年記念特別仕様車 Lリミテッド。(画像:スズキ発表資料より)
  • PCエンジンミニ、本体イメージ。(c)Konami Digital Entertainment
  • 「ドラゴンクエストウォーク」の画面イメージ。(画像: スクウェア・エニックスの発表資料より)
  • 「レモンのタルト12cm」(写真:大丸松坂屋百貨店の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース