古タイヤを分解できるキノコを発見 鳥取環境大

2018年5月9日 10:29

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 公立鳥取環境大学の研究チームが、自動車のタイヤを効率よく分解できるキノコを発見した(産経)。

 このキノコは枯れ木などに生えるシハイタケとシロカイメンタケという品種で、硫黄の結合を選択的に分解する能力を持つという。現在古タイヤを素材としてリサイクルすることはほとんど行われていないが、このキノコのメカニズムを利用することで、古タイヤから天然ゴムだけを取り出して再資源化を行える可能性がある。

 同様の働きを持つ菌は海外でも見つかっているが、今回発見されたキノコはより高い分解能力があるそうだ。今後は分解メカニズムなどを調べ実用化を目指すという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス

 関連ストーリー:
マツタケの近縁種「バカマツタケ」の人工栽培に成功 2018年03月05日
海底の地下2500mから見つかった太古の菌からキノコが培養される 2017年07月12日
北海道で絶滅危惧種のキノコ見つかる 2014年12月12日
使用済み紙おむつを使ってキノコを栽培する実験 2014年09月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「自然環境・動植物」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース