国際 RSS

 

EU、ネオニコチノイド系農薬3種の屋外使用を禁止へ

2018年5月1日 09:16

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

欧州委員会は4月27日、ネオニコチノイド系農薬の有効成分3種(イミダクロプリド、クロチアニジン、チアメトキサム)の屋外使用を禁止するという提案が常任委員会に承認されたことを発表した(欧州委員会のニュース記事SlashGearの記事The Vergeの記事)。

欧州委員会による今回の提案は、ネオニコチノイド系農薬がミツバチなどハナバチ類の維持に対するリスクが高いとの評価結果を欧州食品安全機関が2月に発表したことを受けたものだ。常任委員会の承認を受けて欧州委員会では今後数週間のうちに規制案を採択し、年末までの発効を目指す。

この規制が発効すると、該当するネオニコチノイド系農薬は屋外での使用を一切禁じられ、ミツバチと接触する可能性のない常設の温室内でのみ使用が認められる。欧州委員会ではハナバチ類保護のため、既に農薬使用を制限しているが、さらに規制が強化されることになる。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | EU | サイエンス

 関連ストーリー:
欧州議会、ドネルケバブを救う 2017年12月17日
ミツバチのコロニー激減の原因は殺虫剤のネオニコチノイド? 2017年07月05日
フランスのミツバチ、青や緑の蜂蜜を集める 2012年10月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード欧州委員会

「国際その他」の写真ニュース

国際の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース