携帯型のCtrl+Alt+Deleteキーが発売

2018年4月25日 10:55

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Windowsユーザーにはおなじみ、CtrlキーとAltキー、Deleteキーの3つのキーを携帯できるようにしたデバイス「KACHA」が発売される(Engdget Japanese)。

 メカニカルキーボード用のキースイッチとして有名なCherry製の青軸スイッチ3個とCtrl、Alt、Deleteのキーをセットにして組み込んだもの。キーを押して楽しむという使い方が想定されており、スイッチは電気的には接続されていないようだ。利用法として「アイデア降臨」「ストレス解消」「発想拡大」「暇つぶし」「無の境地の想像」などが提案されている。現在クラウドファンディングサイトMakuakeで資金募集が行われており、2,890円の出資で商品を入手できる。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | 入力デバイス | ハードウェア | 変なモノ

 関連ストーリー:
ブルースクリーンに表示されるテキストのオリジナル版はスティーブ・バルマーが書いたものだった 2014年09月07日
ビル・ゲイツ氏、「Ctrl+Alt+Del」は失敗だったと認める 2013年09月30日
足でキー入力できるUSB接続フットペダル 2010年02月03日
Ctrl+Alt+Del考案者が新たな人生に向けリスタート 2004年01月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードクラウドファンディングWindowsキーボード

広告

写真で見るニュース

  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース