ソニー、薄型軽量のA5サイズ電子ペーパー「DPT-CP1」 約1万ファイル保存可

2018年4月18日 07:05

小

中

大

印刷

デジタルペーパー『DPT-CP1』(画像: ソニーの発表資料より)

デジタルペーパー『DPT-CP1』(画像: ソニーの発表資料より) [写真拡大]

写真の拡大

 ソニーは16日、高解像度電子ペーパーディスプレイ搭載のデジタルペーパー「DPT-CP1」を6月上旬に発売すると発表。厚さ約5.9mm、質量はA5ノート2冊分とほぼ同じ約240g、画面サイズはA5相当の10.3インチで、電子書籍を読み書きできる10インチ相当のものとしては、世界で最も薄く最も軽いデジタル端末になるという。約1万ファイルのPDFドキュメントが保存可能だ。

【昨年には】ソニー、世界最薄最軽量の新型デジタルペーパー『DPT-RP1』を発売

 ディスプレイ表面には独自開発のノンスリップパネルを採用し、書き心地はこれまでの製品より紙に近くなっている。画面は滑りにくく、適度な抵抗感があり、2種類の芯から好みの書き味も選べる。A5サイズと小型なためハンドバッグなどに簡単に入り、移動中に取り出す時も煩わしさはない。

 また新たに導入されるスマートフォン用のアプリケーション「Digital Paper App for mobile」を利用すれば、パソコンを介さずにスマホともデータ転送が可能。スマホにダウンロードしたPDFドキュメントの端末上での閲覧、添削作業などが行える。

 手書きしたドキュメントをクラウドサービスにアップロードする、もしくはメールに添付して関係者と共有することもできる。さらにNFC対応のスマホなら、端末にかざすだけで接続される。

 デジタルペーパーは業務の効率化に大きく寄与する。従来はプリントアウトしていた書類をデジタルのまま使えるうえ、共有もしやすい。教材や論文、メモ、資料、マニュアルなど、様々な文書をより簡単に扱える。

 大量の電子文書を手軽に持ち運べる点は、特に論文や文献などを多く扱う大学教員、医師、弁護士といった人々の需要に応える。医療や製造現場などにおけるペーパーレス化にも貢献する見込みだ。小型化やスマホとの連携機能搭載により、学生やビジネスマンへの訴求効果も期待できる。(小椋恒示)

関連キーワードソニー電子書籍

「電気機器業」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース