エア・ウォーター<4088>、ケミカル関連事業の一部を新日鐵住金<5401>及び新日鉄住金化学に譲渡

2018年3月5日 09:04

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:04JST エア・ウォーター<4088>、ケミカル関連事業の一部を新日鐵住金<5401>及び新日鉄住金化学に譲渡
エア・ウォーター<4088>は、ケミカル関連事業の一部を、新日鐵住金<5401>及び新日鉄住金化学株式会社に対して譲渡することを決定し、事業譲渡契約を締結した。

譲渡対象となるのは、コークス炉ガスの精製事業及びコークス炉ガスの精製に伴い分離される副産品の販売事業。

エア・ウォーターグループは、安定収益を生み出す事業ポートフォリオの最適化に取り組んできた。ケミカル関連事業については、炭素材事業やファインケミカル事業、タール蒸留事業等のコールケミカル事業を展開する他、2015年からはコールケミカル以外にも事業領域を拡大してきた。

本件により、エア・ウォーターグループは、機能化学品分野の経営資源を統合しケミカル関連事業の再構築を行う。

【ニュース提供・日本M&Aセンター<2127>】《DM》

広告