Facebookの子供向けアプリ「Messenger Kids」に批判

2018年2月20日 17:14

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 あるAnonymous Coward曰く、

 Facebookが昨年12月、子供向けのメッセージングサービス「Messenger Kids」を発表したが、これに対し批判が出ているという(FastCompanyWIREDSlashdot)。

 Messener Kidsは保護者の監視の下、保護者が指定した特定の相手とのみコミュニケーションができるサービス。Facebookでは利用規約で13歳未満のアカウント作成を禁止しているため、保護者のFacebookアカウントをこのアプリに登録して利用する。

 このアプリが批判されている理由は、Facebookがこのアプリを通じて若者の囲い込みを狙っているのではないかという点。また、Facebookは「Messenger Kids」は、数百人の親や数十人の専門家のアドバイザーと共に開発したと説明している。しかし、こうした外部の専門家にはFacebookから資金提供を受けているものが含まれるという。英語版WIREDによると、13人の諮問委員中少なくとも7人がFacebookの支援を受けているとしている。

 また、このアプリを利用する子供の情報は広告やマーケティングなどに利用されないとされているが(CNET)、保護者と子供の間でやり取りされたメッセージなどは保護者のアカウントに紐付けられ広告やマーケティングに使われるようだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Facebook | SNS | プライバシ

 関連ストーリー:
Facebookの二段階認証でSMSを使用すると、登録した電話番号にスパムが届く? 2018年02月17日
米国では大手ITが強すぎて新しい企業が育たなくなった 2018年02月16日
元GoogleやFacebook関係者、テクノロジーやITサービスが人間に与える悪影響と戦う組織を立ち上げ 2018年02月07日
Facebookの投稿監視用ルールブック、秘密の内容が明らかに 2017年07月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「iOS / android アプリ」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース