中国2隻目の国産空母、戦闘機搭載数40機に=米誌

2018年2月9日 16:08

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:08JST 中国2隻目の国産空母、戦闘機搭載数40機に=米誌


 中国当局は、国産航空母艦(空母)の製造を加速化している。ウクライナから購入した空母を基に改造した「遼寧」がすでに就役しているほか、軍当局は国産空母を続々と進水し就役しようと計画している。また、当局は戦闘機搭載量の拡大、攻撃威力の強化を中心に空母を製造しているという。


 米科学技術誌・ポピュラーメカニクス(PopularMechanics)(1月19日付)によると、今製造中の中国2隻目の国産空母「002」の体積は、「遼寧」と1隻目国産空母「001A」より大きいという。また排水量も前2隻より高く、8万トンに達する。「002」は電磁式カタパルトによる艦載機発艦方式を取る。


 同誌によると、中国当局は2015年3月、国営中国船舶工業集団公司(CSSC)傘下江南造船有限責任公司の上海長興島造船基地で、「002」を製造し始めた。来年内に建造が終了するとの見込みだ。


 「002」の全長が、前2隻と比べて長いため、空母用または戦闘機用の燃料を積載できるという。


 また、戦闘機の搭載可能機数は40機とみられる。「遼寧」は24機で、「001A」は30機と推定されている。


 米誌は、当局は今後「002」において、「紅旗10(HQ-10)」近接防空システムやミサイル・魚雷防衛システムなどの兵器装備、医療設備、海水淡水化設備を増強していくと予測している。


 ロシアの軍事専門家のカシェン氏は2016年、中国が建造中の2隻目空母はソ連時代の航空母艦「ウリヤノフスク」の資料を参考にしているかもしれないと述べた。。「ウリヤノフスク」は満載排水量が7万9000トン以上の大型原子力空母で、建造は完工できなかった。

2017年6月に進水した初の国産空母とうたった001A型について、カナダ軍事専門誌「漢和ディフェンス・レビュー(漢和防務評論)」の平可夫編集長は、同空母の基本構造は旧ソ連のアドミラル・クズネツォフ(Kuznetsov)空母を完全に複製したものだと分析した。

(翻訳編集・張哲)

【ニュース提供・大紀元】《HT》

「注目トピックス」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース