カイオム・バイオサイエンスは日本での特許が好感されて一段高

2018年1月18日 09:49

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■主な移動平均を上回り長期低迷基調に変化の兆しを見出す様子も

 カイオム・バイオサイエンス<4583>(東マ)は18日、一段高で始まり、取引開始後に10%高の430円(38円高)まで上げている。17日の取引終了後、「ヒト化DLK-1抗体に関する日本特許付与決定」と発表し、バイオ材料株人気が再燃する形になった。

 発表によると、「本特許はヒトDLK-1を標的としたヒト化モノクローナル抗体LIV-1205に関連する特許であり、これまでに米国、中国、欧州で特許が成立している」。そして、「DLK-1は幹細胞や前駆細胞といった未熟な細胞の増殖、分化を制御すると考えられており、肝臓がんの細胞表面に発現し、その増殖に関与していることが発見された、新しいがん治療の標的になりうる可能性がある分子」だという。

 株価は長らくジリ安傾向を続けてきたが、このところは、やはり長期低落基調を続けている13週、26週、52週の各移動平均をすべて上回ってきたため、長期低迷トレンドが転換点を迎えたのではないかと見て注視する様子もある。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【新春注目銘柄】竹内製作所はトランプ減税策のメリット関連株は第3四半期決算発表に先取り買い妙味(2018/01/02)
株は世に連れ、世は株に連れ=犬丸正寛の相場格言(2018/01/01)
【特集】戌(いぬ)年相場は4勝1敗、「戌(いぬ)は笑い、亥(い)固まる」でいい年に(2018/01/01)
【注目銘柄】マルゼンは高値圏モミ合いから上放れ、18年2月期予想は増額の可能性(2017/12/31)
【注目銘柄】アドベンチャーは調整一巡して上値試す、18年6月期大幅増収増益予想(2017/12/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース