レーザーテックが連日高値、今朝は欧州半導体大手の好決算を材料視の見方

2018年1月18日 09:43

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■12月末に2年後の連結営業利益が今期推定比7割増と伝わる

 レーザーテック<6920>(東1)は18日、取引開始後に8%高の4260円(315円高)まで上げ、2日続けて実質的な上場来の高値を更新した。フォトマスク検査装置やウエハー検査装置などの半導体関連企業で、半導体露光装置の世界最大手ASML(オランダ)の12月決算が大幅増益になったとされ、同社の業績についても期待が強まったとの見方が出ている。

 昨年12月下旬には、「レーザーテックの2020年6月期の連結営業利益は今期推定比で約7割増の85億円程度となりそうだ」(2017年12月30日付の日本経済新聞朝刊)と伝えられ、年明け早々から傾向的な業績の伸びに期待する動きが強まった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【新春注目銘柄】竹内製作所はトランプ減税策のメリット関連株は第3四半期決算発表に先取り買い妙味(2018/01/02)
株は世に連れ、世は株に連れ=犬丸正寛の相場格言(2018/01/01)
【特集】戌(いぬ)年相場は4勝1敗、「戌(いぬ)は笑い、亥(い)固まる」でいい年に(2018/01/01)
【注目銘柄】マルゼンは高値圏モミ合いから上放れ、18年2月期予想は増額の可能性(2017/12/31)
【注目銘柄】アドベンチャーは調整一巡して上値試す、18年6月期大幅増収増益予想(2017/12/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース