JトラストG:四国銀行と業務提携・顧客の海外進出支援で

2018年1月11日 11:08

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■Jトラスト銀行利益拡大へ~攻めの営業視野に布石

 金融事業中心に事業展開するホールディングカンパニーJトラスト<8508>(東2)と同社の連結子会社であるJトラストインドネシア銀行(PT Bank JTrust Indonesia Tbk.以下Jトラスト銀行)は、このたび四国銀行(東1)<8387>との間で、取引顧客の海外進出支援サービスに関する業務提携契約を本日1月10日付で結んだ。

 Jトラストグループは、既に東南アジアでリテール・ファイナンスに注力した事業での成長目指し積極的な事業展開を進めている。  特に、インドネシアにおいては、長期間にわたって預金保険機構の管理下にあったインドネシアの商業銀行(現Jトラスト銀行)を取得し、韓国での貯蓄銀行を再生させた経験を活かして銀行再生に取り組んでいるが、財務体質の改善を図り営業力強化を推進するなど、銀行再生を加速させることに成功している。

 Jトラスト銀行としては、このような順調な推移を、ようやく利益拡大へ向けての基盤が整備されたと判断するとともに、今後は「攻め」の営業に転じることを明確にしたものである。

■日本・インドネシア間~ビジネスサポートを強力に推進

 Jトラストでは今後の事業展開等について、「日系独資では唯一のインドネシアの銀行として、日本とインドネシア間のビジネスサポートを強力に推進することで、新規顧客獲得にも注力する方針である。今回の四国銀行との業務提携もその一環として重視しており、同行に対しても、今後、同行及び同行顧客に向けて、インドネシアの経済・投資環境、税制、法規制等に関する情報の提供や、ビジネスマッチング支援、さらにJトラスト銀行の各種金融サービスの提供を通じて、積極的に日本企業のインドネシアへの進出サポートを行う。」と話している。  なお、今後の見通しについては、グループの連結業績に与える影響は、当面軽微と考えていると話している。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【注目銘柄】ネオジャパンは15年高値に接近、18年1月期3Q累計大幅増益で通期予想増額の可能性(2017/12/31)
【注目銘柄】アドマテックプラズマテクノロジーは日柄調整完了、18年8月期減益予想だが保守的(2017/12/31)
【話題】ヱスビー食品が年末高値となり2018年の人気銘柄になる予感?(2017/12/30)
【注目銘柄】ナガワは高値圏で堅調、18年3月期予想は増額の可能性(2017/12/30)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • かねさ減塩味噌仕立ての焼おにぎり。(画像:ローソン発表資料より)
  • スズキ「アルト ラパン X」(画像: スズキの発表資料より)
  • 和民などに導入される竹素材を使ったストロー(写真:和民の発表資料より)
  • 「Atmoph Window 2」(画像: アトモフ株式会社の発表資料より)
  • 「19design」のトップページ。(画像:オラクル構想準備室発表資料より)
  • (c) 水木プロダクション 作画:一智和智
  • 「A110S」(画像: アルピーヌの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース