サンワサプライ、LEDが光るゲーミングパソコンに最適なキーボードを販売

2018年1月6日 10:55

小

中

大

印刷

「SKB-WAR3」(画像: サンワサプライの発表資料より)

「SKB-WAR3」(画像: サンワサプライの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • バックライト機能付き
  • バックライト機能付き

 サンワサプライは5日、ゲーミングパソコンにも最適なLEDバックライトを搭載したキーボードの販売を開始した。型番はSKB-WAR3で、価格は6,264円(税込)となっている。

【こちらも】サンワサプライ、「充電器収納」型スタンド発売 タブレット・スマホ最大6台対応

 接続はUSBを使用し、LEDバックライトを採用することで暗い部屋でもキーを見やすくしている。本体は金属とし、どっしりとした作りになっている。

●LEDが光るパソコンキーボード

 「SKB-WAR3」はパソコン用キーボードで、キーボードの隙間からLEDがキーを照らすバックライト機能を搭載している。ホワイト、ライトパープル、ブルーの3色にLEDカラーを変更可能。ライトは明るさ調整にも対応しており、イルミネーションモードを利用すればオートでカラーが切り替わる。

 ゲーミングパソコンにも向いており、ゲームで使うキーを19個まで同時に押せる。また、ゲーム中にWindowsキーを押してしまわないようにオフにしておくことが可能だ。

●SKB-WAR36のスペック

 キー数は109キーで、キー表示は日本語109A配列となる。パソコンと接続するインターフェースはUSBで、Aタイプコネクタが採用されている。

 キーピッチは19ミリで、キーストロークは4.0プラスマイナス0.5ミリとなっている。消費電流は100ミリアンペア以下で、重さは約930グラムだ。ケーブルの長さは1.5メートルとなっている。

 本体サイズは、横が450ミリ、縦が143ミリ、高さが38ミリだ。対応OSは、Windows10、8.1、8、7。

●サンワサプライとは?

 今回SKB-WAR3を販売したサンワサプライは、パソコンやデジタル機器の周辺機器を販売する企業だ。1951年(昭和26年)に山田商店として設立され、2015年6月期の実績で売上高は262億円となっている。

 本社は岡山県岡山市北区で、上海や香港など海外にも展開を行なっている。

関連キーワードサンワサプライ

広告

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース