日経平均テクニカル:1992年高値突破は通過点か

2018年1月5日 18:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:15JST 日経平均テクニカル:1992年高値突破は通過点か
続伸。連日でマドを空けての上昇となり、その後は前日終値水準まで上げ幅を縮める局面もみられたが、後場に入り強含みとなり、結局は下ヒゲを残す格好で高値を更新している。ボリンジャーバンドでは前日に+3σまで上昇したが、バンドが拡大する中、+2σと+3σとのレンジ内での推移となっている。MACDも前日に陽転シグナルを発生させたが、本日の上昇でシグナルとの乖離が拡大しており、明確に陽転している。週足のボリンジャーバンドでは24040円辺りに位置している+2σに接近してきている。ただ、バンドが拡大傾向にある中では、買われ過ぎといったシグナルが発生しづらいところ。長期トレンドでは1992年1月高値の23800円処に接近してきており、これをクリアしてくるようだと、次のターゲットが1991年10月の戻り高値水準となる25000円台となる。短期的な過熱感が警戒されるものの、一段とトレンドが強まりやすい。《CS》

「東京株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース