ミルクレープ生みの親が新スイーツ「カサネオ(casaneo)」、大阪に1号店

2017年12月9日 17:15

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ミルクレープをはじめとした“重ね菓子”に特化した、スイーツブランド「カサネオ(casaneo)」が誕生。アンリ・シャルパンティエなどを展開するシュゼット・ホールディングスの新ブランドとして登場し、大阪・阪急百貨店うめだ本店に1号店を2018年1月17日(水)にオープンする。

■ミルクレープ生みの親が創る「ミルクレープ」が看板商品

 カサネオの看板メニューとなるのは「ミルクレープ」。実は「ミルクレープ」はイタリア料理ラザニアから着想した日本生まれのスイーツで、カサネオの「ミルクレープ」は、ミルクレープ生みの親・関根俊成が担当する。

 特徴的なのは極端を極めたクレープの薄さ。向こうが透けて見えるほど薄くしたクレープを何枚も重ね“唯一無二の本物のミルクレープを完成させた。ラインナップは4種。

 鮮度にこだわったオリジナルクリームを挟んだ「ミルクレープ」をはじめ、ほろ苦く固めのチョコクリームと組み合わせた「ミルクレープ ダブルショコラ」、北海道産のクリームチーズを使った「ミルクレープ クリームチーズ」、抹茶は香る「ミルクレープ 抹茶ミルクチョコ」が揃う。それぞれカットサイズとホールサイズが用意されているので、お一人様からファミリーまで、シーンに応じて様々な楽しみ方が出来そうだ。

■“重ね菓子”が提案する手土産

 “重ねる”のアルファベット表記に新しいという意味の“neo”を組み合わせて生まれた「カサネオ」からは、ミルクレープだけでなく重ねることにこだわった“重ね菓子”が登場する。手土産にも最適な「しっとりミルガトー」は、ひとつひとつ職人の手によって重ねられた生地に、オレンジやチョコレートフレーバーのコンフィチュールを層になるように合わせたスイーツだ。ひとつ、またひとつとついつい手が伸びてしまうほどやみつきになる、贅沢な味わいに仕上げている。

■【アイテム詳細】

 「カサネオ(casaneo)」発売開始日:2018年1月17日(水)取扱店舗:カサネオ梅田阪急店、オンラインショップ<メニュー例>・ミルクレープ カットサイズ 501円、12cm 2,268円、15cm 3,571円・ミルクレープ ダブルショコラ カットサイズ 540円、12cm 2,484円、15cm 3,900円・ミルクレープ クリームチーズ カットサイズ 540円、12cm 2,484円、15cm 3,900円・ミルクレープ 抹茶ミルクチョコ カットサイズ 594円、12cm 2,484円・しっとりミルガトー 8個入り(フランボワーズ/チョコレート/オレンジ) 1,404円※価格はすべて税込み。※ミルクレープの12cm/15cmはホールケーキ直径のサイズ。■カサネオ梅田阪急店オープン日:2018年1月17日(水)住所:大阪府大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店 B1F【問い合わせ先】お客様相談室TEL:0120-031-718(9:00~17:00)

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード大阪府チョコレートケーキ阪急百貨店うめだ本店アンリ・シャルパンティエ

「お菓子・スイーツ」の写真ニュース

ライフの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース