【株式市場】好業績銘柄を再評価する動きが強まり材料株も強く日経平均は大幅反発

2017年11月21日 15:48

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

◆日経平均の終値は2万2416円48銭(154円72銭高)、TOPIXは1771.13ポイント(11.48ポイント高)、出来高概算(東証1部)は15億2830万株

■新規上場のサインポストは買い気配のまま初値を持ち越す

 21日後場の東京株式市場は、決算発表ラッシュが峠を越えて好業績銘柄を再評価する動きが強まり、業績見通しを増額したツガミ<6101>(東1)、月次が好調だった松屋<8237>(東1)などが一段ジリ高。日経平均は前場の高値301円49銭高(2万2563円25銭)を抜けなかったが堅調に推移して大幅反発となった。東証2部指数、マザーズ指数、日経平均JASDAQ平均も高い。

 後場は、フォスター電機<6794>(東1)がAIスピーカー関連妙味などから一段ジリ高となり、ヒラノテクシード<6245>(東2)は4半期好業績を再評価とされて一段ジリ高。マーケットエンタープライズ<3135>(東マ)はヤフーオークションの新サービスにおける出張買い取りで連携との発表が材料視されてストップ高。YKT<2693>(JQS)は量子コンピューター関連人気を集めてストップ高。

 21日上場のサインポスト<3996>(東マ・売買単位100株)は前後場とも買い気配のまま初値がつかず、大引けは気配値値のまま上げる場合の本日の上限値段になる5060円の買い気配(公開価格2200円の2.3倍)となった。

 東証1部の出来高概算は15億2830万株(前引けは6億8332万株)、売買代金は2兆5004億円(同1兆694億円)。1部上場2038銘柄のうち、値上がり銘柄数は1426(同1497)銘柄、値下がり銘柄数は526(同448)銘柄。

 また、東証33業種別指数は28業種(前引けは32業種)が値上がりし、値上がり率上位の業種は、石油・石炭、非鉄金属、鉱業、機械、化学、証券・商品先物、金属製品、輸送用機器、などとなった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
個人投資家向け「IRセミナー&株式講演会」を10月25日(水)、東洋経済新報社9階ホールで開催!
【注目銘柄】ロック・フィールドは日柄調整完了して上値試す、18年4月期増収増益予想で8月既存店売上も好調(2017/09/13)
【編集長の視点】パイプドHDは今期2Q決算発表を前に1Qの2ケタ増収益・高利益進捗率業績を見直して急反発(2017/09/13)
【株式評論家の視点】ラクオリア創薬のピラゾロピリジン誘導体は日本でも特許査定受ける、需給悪化懸念は後退(2017/09/13)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「東京株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース