LINEでもハロウィン!季節に合わせて背景が変わる隠し機能やスタンプが登場

2017年10月28日 16:14

小

中

大

印刷

(c) 123rf

(c) 123rf[写真拡大]

写真の拡大

 最近のLINEは、季節ごとにいろいろな背景を出すことができる「隠し機能」がある。現在、LINEのトークで誰かに「ハロウィン」と送ると、LINEキャラクターがハロウィン風のコスチュームを来た画像をメインにしたハロウィン背景が現れる。親しい友達相手のトークに使ってみよう。

【こちらも】LINE、スマートスピーカー「Clova WAVE」発売 LINEの読み上げも可能に

 ただし、この機能があるのはiPhone版LINEのみ。Android版には、隠し機能は存在しない。

 隠し機能を呼び出す単語は「ハロウィン」「ハロウィーン」「仮装」の3種類。送信先の友達を選び、トーク画面からこの3つの単語のうちどれかを送信しよう。自分だけでなく、トークを送信した相手にもハロウィン背景が表示される。相手がAndroid版LINEやPC版LINEの場合は隠し機能が存在しないので、ハロウィン背景は表示されない。iPhone同士で試してみよう。

 表示されるハロウィン背景は、今のところ3種類が確認されている。何度も試して、好みの画像を見つけてみよう。何回繰り返してもちゃんと表示される。

 iPhoneなのに隠し機能のハロウィン背景がうまく表示されない場合は、次のようなことを試してみよう。それでも表示されない場合は、少し待ってみよう。新機能は対象ユーザーを少しずつ広げて適用していくことが多いからだ。

 ・LINEを再起動する
 ・iPhoneを再起動する
 ・LINEをアップデートする
 ・LINEの着せ替えを別のものにする、できれば標準の着せ替えに戻す
 ・iOSをアップデートする

 本来のハロウィンは10月31日だが、過去の隠し機能の背景画像と同じように、11月1日から2日くらいまで少しずつ終了すると思われる。LINEではこれまでにも、夏の花火、春の桜、冬の雪などいろいろな隠し機能の背景画像があった。これからは定番になるかもしれない。

 LINEをハロウィンの雰囲気にしたければ、各種着せ替えでもハロウィンバージョンが登場している。お気に入りの着せ替えがあればチェックしてみよう。スタンプもいろいろなものが出ているが、LINE公式からは「ハロウィンのゆかいな仲間たち」(120円)というハロウィン向けのスタンプもリリースされている。(記事:成瀬京子・記事一覧を見る

関連キーワードiOSiPhoneLINEハロウィン

広告

広告

写真で見るニュース

  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
  • 「派遣BOARD」のイメージ。(画像: ハケンボード発表資料より)
  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
 

広告

ピックアップ 注目ニュース