動画広告、約6割のユーザーが不快に思ったことある

2017年8月2日 20:53

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 マクロミルとデジタルインファクトが行った動画広告に関するアンケート調査結果によると、約6割のユーザーが動画広告を見て不快に思ったことがあるという(ITmedia)。

 調査は2017年6月に国内のユーザー526人を対象として行われた。多くのユーザーがYouTubeなどの動画配信サービスを利用しているが、いっぽうで「良く覚えている動画広告」はSNSで表示される動画広告がトップで、続いて無料動画サイトが続いている。また、YouTubeにおいては別途料金を支払っても動画広告を非表示にしたいというユーザーが17.9%いたという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 広告 | インターネット

 関連ストーリー:
YouTube上の「不適切な動画」に対する広告掲載拒否を巡りまた一騒動 2017年05月10日
ネット動画配信以外のTVを見ない家庭の子供はCMというものが何なのか分からない 2017年03月22日
英国で政府や大手メディアがYouTubeへの広告出稿を取りやめる 2017年03月20日
YouTube、スキップできない30秒広告を終了へ 2017年03月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードYouTube

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 「ISSEスノーソックス」の装着イメージ。(写真:ISSE発表資料より)
  • MAZDA CX-30 X L Package(2WD車)(画像: マツダの発表資料より)
  • 「ヒルサイド」エリアイメージ(三菱地所・サイモン発表資料より)
  • 超新星爆発のイメージ。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース