JAMSTEC、深海での発電現象を確認

2017年6月2日 19:26

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 海洋研究開発機構(JAMSTEC)が、深さ約1,000mの海底で微弱な発電現象を確認したと発表した(JAMSTECの発表朝日新聞)。

 この現象が確認されたのは、沖縄トラフの深海熱水噴出域。海底下の熱水に含まれる硫化水素から電子が放出されており、それが海底を伝わって海水中の酸素に渡される反応が起きていたという。電子の移動が発生しているということは電流が流れているということであり、また実際に電位を測定したところ、深海熱水噴出域の海水の電位は約+466mV、噴出孔付近の熱水の電位は約-96mVだったという。また、噴出孔付近で熱水と海水の間でできる円柱状の構造体「チムニー」の電位を測定したところ、場所によって電位が異なることも確認したそうだ。

 この発電現象による電位差は最大600mVほどと小さいが、この電気を利用する生物の存在や、生命の誕生にこのような現象が関係した可能性が考えられるほか、この電力を海底探査に活用することも考えているようだ。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球 | サイエンス

 関連ストーリー:
海洋研究開発機構などが自律探査ロボットでの海底探査プロジェクトにチャレンジ 2017年02月23日
しんかい6500、小笠原諸島沖の深海で大量のマンガンノジュールを発見 2016年08月28日
脳も腸もない謎の深海生物「珍渦虫」、生物の進化の初期に位置する生物だった 2016年02月07日
電気エネルギーで有機物を合成する「電気合成」を行う微生物の存在やそのメカニズムが特定される 2015年09月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード沖縄県

広告