迷ゲーム「たけしの挑戦状」、VR技術を使ってリメイク

2017年4月1日 11:19

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 タイトーが4月1日、「たけしの挑戦状VR」を発表した。「VR」(VIP Reality)技術を使った豪華な体験が特徴だという。

 「たけしの挑戦状」は1986年に発売されたファミリーコンピュータ向けゲーム。お笑い芸人のビートたけし氏が多くのアイデアを出したとされており、非常に難解でクリアが難しいゲームとして知られている。

 今回の「たけしの挑戦状VR」では、高精細ポリゴンでリアルにゲームの舞台を再現しているほか、VRマスクで匂いも再現し、スナックでの飲酒シーンでは実際にテキーラを味わうこともできるなど、一般的なVRでは再現できないような体験を力技で実現している。

 スラドのコメントを読む | エイプリルフール | ゲーム

 関連ストーリー:
伝説的迷ゲーム「チェルノブ~戦う人間発電所~」、日本を舞台にリメイク。 2011年04月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードゲームVRビートたけし

広告