英語版Wikipediaで活発に個人攻撃をしていた34人、全体の9%占める

2017年2月16日 09:04

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 ウィキメディア財団は2016年初頭から、Alphabet傘下のJigsawと協力してWikipedia上におけるハラスメント行為の実態についての調査を進めていたそうで、その結果がいくつか公表されている(BleepingComputerGIGAZINEMIT Technology ReviewSlashdot)。

 Wikipediaにおける「議論」など6300万件のコメント投稿を統計処理したところ、Wikipediaに投稿されたコメントのうち約43%は匿名ユーザーによるものだったそうだ。そのほとんどがワンタイムコメント投稿者だという。しかし、匿名ユーザーにおける個人攻撃の比率は6倍ほど高いものの、ユーザー数としては少ないそうで、英語版Wikipediaにおいて攻撃行為を行ったユーザーの67%はWikipediaにユーザーアカウントを登録しているユーザーだったそうだ。

 個人的な攻撃を行う有毒なユーザーは、活動レベルの高い非常にアクティブなユーザー(編集者)がほとんど。この毒性の強いアクティブユーザー34人が個人攻撃の9%を占めていたことが明らかになった。この少数のユーザーをブロックすることで、Wikipediaは個人攻撃を大幅に抑制できるとしている

 スラドのコメントを読む | ITセクション | インターネット | Wikipedia

 関連ストーリー:
Wikipedia英語版、英紙Daily Mailを信頼できないソースとする決定 2017年02月11日
2016年、英語版Wikipediaで2番目に編集回数の多かった記事は「Donald Trump」 2016年12月24日
Wikipediaは多くの編集が繰り返された結果中立となっている 2016年11月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードメディアウィキペディア(Wikipedia)

関連記事

広告