Wikipedia英語版、英紙Daily Mailを信頼できないソースとする決定

2017年2月11日 17:04

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Wikipedia英語版の編集者は議論の結果、英紙Daily MailおよびWeb版のMail Onlineを信頼できないソースとして扱うことを決定した(Wikipedia — Daily Mail RfCThe Guardianの記事BetaNewsの記事The Next Webの記事)。

Daily Mailは事実確認が弱く、センセーショナリズムに走りがちで、ねつ造が多いなどと編集者から評価された。その結果、Daily Mailの記事を注目に値するかどうかの判断に使用することや、出典として使用することは一般に禁じられる。Daily Mailの記事が信用できるものであっても、他の信頼できるソースからの記事を使用すべきだとしている。また、Daily Mailを引用する数千本の記事についても、削除や置き換えをするように求めている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 英国 | ニュース | Wikipedia | IT

 関連ストーリー:
Wikipedia記事を編集して警備担当者をだまし、音楽グループの楽屋に入り込んだファン 2015年12月06日
Wikipedia英語版の多重アカウントによる不正編集、脅迫的手法で記事の関係者に金銭を要求していた 2015年09月05日
Wikipedia、ステマ的行為を行ったとしてエディタ381名のユーザアカウントを停止 2015年09月04日
実在しない出版社の本を参考文献として上げていたWikipediaの記事が複数見つかる 2015年07月02日
Wikipediaの偽情報、いくつあるか誰にもわからない? 2015年04月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードウィキペディア(Wikipedia)

関連記事

広告