Razer、17インチ4Kディスプレイ3台搭載のノートPCプロトタイプを発表

2017年1月7日 19:36

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

米国・ラスベガスで8日まで開催中のCES 2017で、Razerが17.3インチの4Kディスプレイ3台を搭載したノートPC「Project Valerie」のプロトタイプを展示しているそうだ(Razer — Project ValerieThe Vergeの記事The Next Webの記事Windows Centralの記事)。

仕組みとしては、中央のディスプレイの後ろに2台のディスプレイが格納され、左右に引き出して使用するというものだ。引き出した後はヒンジでキーボードを囲むように角度をつけることができる。GPUはNVIDIA GTX 1080。合計12K(11520×2160ピクセル)の画面はNVIDIA Surround Viewにより、他に比肩するものがない没入感が得られるとのこと。

Project ValerieはRazer Blade Proがベースだが、厚さは約38㎜、重さは約5.44kgとなり、Razer Blade Pro(22.5mm、3.54kg)の2倍近い。それでもRazerでは平均的な17インチゲーミングノートPCと同程度の厚みであるとし、ラップトップバッグで持ち運べ、どこでもトリプルディスプレイを実現可能な「究極のモバイルデスクトップ」と形容している。

Razer Blade Proは99Whのリチウムイオンバッテリーを搭載するが、バッテリー持続時間は4時間程度だという。米連邦航空局(FAA)が旅客機への持ち込みを認めるリチウムイオンバッテリーの容量は最大100Wh(PDF)となっているため(航空会社が認めた場合は最大160Wh)、大幅なバッテリー容量の増加は困難だ。Windows Centralの記事では分単位になると予想している。

展示されたプロトタイプは完全に動作するものではなく、Razerでは製品化予定や価格について明らかにしていないという。実際に製品化されるのかどうかも不明だが、Razer Blade Proの価格は512GBモデルで3,699ドル99セントとなっており、Project Valerieが製品化されれば相当高価なものになりそうだ。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | モバイル | ハードウェア | 変なモノ | ノートPC | idle | ゲーム | モニター

 関連ストーリー:
RazerがTHXを買収 2016年10月19日
Razer、Open Source VR規格のVRヘッドセット「HDK2」を4万9800円で国内販売 2016年09月07日
Thunderbolt 3接続でノートPCに外付けGPUのホットプラグを実現する「AMD XConnect」正式発表、対応製品も発表される 2016年03月12日
パーツを簡単に交換できるモジュール型PC 2014年01月10日
Razer、ゲーム向けタブレットPCを発表 2013年01月11日
ゲームコントローラ付きのWindowsタブレットPC「Project Fiona」 2012年01月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード4Kタイ(国)PC

広告