国際 RSS

 

中国海軍、南シナ海で米軍の海洋調査用無人潜水機を拿捕

2016年12月21日 16:46

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 米国防総省は16日、米海軍がフィリピンのスービック湾沖の93kmの南シナ海で海洋調査に使っていた無人潜水機を、米調査船の目の前で中国海軍が持ち去ったと発表した(読売新聞産経新聞日経新聞)。

 事件があったのは15日で、ルソン島にあるスービック湾北西の海域で米海軍の測量艦「バウディッチ」が、2機の無人潜水機を回収しようとしていたところ、中国海軍の潜水艦救難艦が約450mのところまで近づき、小型ボートを出して1機を奪い去ったとのこと。現場で無線により返還を求めたものの応答はなく、米報道官は中国の行動を国際法違反と非難し、即時返還を求めているという。一方の中国側は「不明な装置を発見し、航行の安全の問題を防ぐために調査を行った」として奪取を認めており、今後は外交ルートにより交渉が行われるとみられる。

 現在のオバマ政権は死に体で動きが取れず、またターゲットとされたバウディッチ号も海軍所属であるものの文民による船舶で、こうした行動に出ても反撃できないと見透かされた可能性も指摘されている。無人機ということでハードルは低かったのかもしれないが、現場は南沙諸島からも遠いフィリピンの近海であり、中国の真意はいったい何であろうか?

 スラドのコメントを読む | アメリカ合衆国 | 中国

 関連ストーリー:
中国国営紙、米軍事機密を狙って不正アクセスを行った中国人を称賛 2016年03月30日
米、紛争地域の拡大に対応するため軍用ドローンの利用を拡大へ 2015年09月09日
中国発FPSゲーム、新MAPは尖閣諸島で相手は自衛隊? 2013年08月06日
中国製の半導体チップに「バックドア」が発見される 2012年05月29日
中国のステルス技術、99 年墜落の米軍機から技術を習得 (拾得 ?) か 2011年01月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
  • マイナーチェンジしたホンダ・シャトル。(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース