フロリダ州控訴裁判所、携帯電話パスコードは憲法による権利の対象外

2016年12月17日 17:00

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

米国・フロリダ州の控訴裁判所が、iPhoneのパスコードは合衆国憲法修正第5条の「自分に不利な証言を強制されない」権利の対象にならないという判断を示した(裁判所文書: PDFCourthouse News Serviceの記事Consumeristの記事Softpediaの記事)。

被告は買い物をしている女性のスカートの中をiPhone 5で撮影した容疑で逮捕・起訴されているが、証拠は女性の証言と監視カメラの映像のみで、iPhone 5に保存された写真が直接的な証拠となる。当初、被告はiPhone 5の内容を調べることに同意したが、その後修正第5条を理由にパスコードの開示を拒否。1審では修正第5条によりパスコードを強制的に開示させることはできないとの判断が示されたため、州側が上訴していた。

控訴裁判所の意見書では、1988年の連邦最高裁判決で判事が書いた「金庫の鍵の引き渡しを強制することはできても、キーコンビネーションを強制的に開示させることはできない」という件がその後の裁判で繰り返し引用されていることを認めたうえで、鍵の引き渡しとキーコンビネーションの開示にどれほどの違いがあるのか疑問だと述べている。

また、その違いがテクノロジーが進歩しても有効であり続けるのかという点がさらに重要な疑問であると述べ、指紋をパスコードとして使用する人と比べて、数字や文字の組み合わせをパスコードとして使用する人の方がより強い保護を修正第5条から受けられるとは考えにくいとしている。結論としてパスコードの開示は証言ではなく、(証拠の)引き渡しに該当するとのことだ。指紋によるロック解除については、強制可能との判断が過去にも示されている。 スラドのコメントを読む | アップルセクション | 犯罪 | セキュリティ | 法廷 | 暗号 | アメリカ合衆国 | iPhone

 関連ストーリー:
ロンドン警視庁考案、容疑者にiPhoneのロックを解除させる新たな方法とは? 2016年12月10日
パスワードは黙秘する権利は保障されるが、指紋センサを使ったロック解除は対象外? 2016年10月27日
フラッシュチップをコピーすることでiPhone 5cのロック解除における試行回数制限を突破 2016年09月20日
ミシガン州立大の研究者、指紋認証を突破するための「指」を3Dプリンターで作成中 2016年07月24日
米ロサンゼルス市警、iPhone 5sのロック解除に成功していた 2016年05月07日
FBIがiPhone 5cのロック解除に用いたのはプロのハッカーから買い取ったゼロデイ脆弱性だった? 2016年04月14日
FBI、Appleの協力なしにiPhoneをアンロックする方法を発見? 2016年03月23日
バージニア州裁判所、携帯電話のロック解除に必要な指紋の提供を被告に強制可能と判断 2014年11月03日
米下級判事、米国の捜査令状で米国外のサーバーに保存されたデータの開示を求めることが可能との判断を示す 2014年04月29日
裁判官に暗号化解除を命じられた女性、「パスワードを忘れた」ため法廷侮辱罪に? 2012年02月08日
米裁判官、「暗号化されたデータ」については「黙秘権」の対象外として復号を求める 2012年01月27日
米連邦地裁、児童ポルノ運搬で起訴中の被告にラップトップPCの復号を命じる 2009年03月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング