「Word Viewer」が2017年11月で廃止、代替は「Word Mobile」に

2016年12月10日 10:48

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Word文書を閲覧できる無料のソフトウェア「Word Viewer」について、2017年11月で提供およびサポートを終了するとMicrosoftが発表した(窓の杜)。

 代替としてはWindows 10向けの「Word Mobile」やWord for iOS、Word for Android、Office 365の1か月間無料トライアル、OneDrive経由での閲覧などが推奨されている。Office for iPad/iPhoneは商用利用する場合Office 365のライセンス契約が必要だが、ドキュメントの閲覧のみであれば無償で利用できる(Microsoftの「Office for iPad / Office for iPhone – 商用利用に必要なライセンス」ページ)。

 スラドのコメントを読む | マイクロソフト

 関連ストーリー:
Continuum上でOfficeドキュメントを編集するにはOffice 365が必要 2015年12月19日
PCにバンドルされるOfficeのライセンス形態が変わる? 2014年09月10日
iOS用のMicrosoft Officeアプリ、米国でリリース 2013年06月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告