オバマ米大統領、中国企業による半導体製造装置メーカー買収を認めず

2016年12月7日 11:57

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 今年5月、中国系の投資ファンド福建芯片投資基金(Fujian Grand Chip Investment Fund、FGC)がドイツAIXTRONを買収することを発表したが(日経ITpro)、これに対しオバマ米大統領が、FGCによるAIXTRONの米子会社買収について「安全保障上のリスクとなる」として禁止する大統領令を発した(時事通信AFP)。

 AIXTRONは半導体製造装置を手がける企業だが、軍事利用の可能性がある技術が中国の手に渡る危険性がある、と判断した模様。同社の技術が核兵器開発に利用される可能性もあるという。

 スラドのコメントを読む | アメリカ合衆国 | 中国

 関連ストーリー:
中国、市民の社会的活動と経済的活動をスコア化して格付けするシステムを構築中 2016年12月06日
Facebookが中国への再参入に向け、特定の投稿を非表示化するツールを開発中との報道 2016年11月27日
SNKが復活 2016年11月02日
ソフトバンク、2013年に買収したゲーム開発子会社スーパーセルを中国テンセントへ売却 2016年06月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。