113番元素「ニホニウム」に正式決定、元素記号はNh

2016年12月1日 17:23

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

reona. 曰く、  理化学研究所は30日、森田浩介グループディレクター(九州大学教授)らが発見した原子番号113番の新元素の名前が「ニホニウム」(元素記号は「Nh」)に正式に決まったと発表した(113番元素特設ページ読売新聞)。科学者でつくる国際純正・応用化学連合(IUPACIUPAC)が、森田氏らが提案した名前を採用した。

 物質を形づくる基本的な要素である元素を、日本の科学者が命名するのは初めて。アジアでも初の快挙となる。ニホニウムは今後、教科書などの周期表に掲載される。

 ニホニウムは森田氏らが2004年、原子番号30番の亜鉛原子を83番のビスマス原子にぶつけて作り出した。15年12月に命名権を得ていた。

 この元素については海外の研究者も発見を主張しており、命名権がどこに与えられるかが議論されていたが、昨年12月に日本の研究グループに命名権が与えられることが決定していた。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス

 関連ストーリー:
113、115、117、118番元素の名称が決定 2016年06月09日
理研が発見した113番元素、新元素として認定される 2016年01月01日
113番目の元素、命名権めぐって日本と米露が優先権を争う 2015年08月19日
理研、3 個目の 113 番元素の合成を新たな崩壊経路で確認 2012年09月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

写真で見るニュース

  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
  • 極大を迎えるミラの位置 (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース