日本工作機械見本市「JIMTOF2016」、今年のみどころ

2016年11月26日 20:11

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

日本国際工作見本市「JIMTOF2016」が11月17日から22日まで東京ビッグサイトで開催。IoTや人工知能など最新技術が各メーカーから発表された。一方、台湾の工作機械メーカーも進出するなど、これからのものづくりの変革を感じる見本市であった。

日本国際工作見本市「JIMTOF2016」が11月17日から22日まで東京ビッグサイトで開催。IoTや人工知能など最新技術が各メーカーから発表された。一方、台湾の工作機械メーカーも進出するなど、これからのものづくりの変革を感じる見本市であった。[写真拡大]

写真の拡大

 工作機械の世界3代見本市の1つとされる、日本国際工作見本市「JIMTOF2016」が11月17日から22日まで東京ビッグサイトで開催された。同見本市は2年に1度開催され、工作機械メーカーや周辺機器メーカーが新商品・新技術を発表し、国内外から18万人もの人が訪れた。

 今年の目玉はIoTやロボット、人工知能といった新しい技術だ。工作機械メーカーであるファナックは米エヌビディア社と協業。ファナックのロボットにエヌビディアのAI用半導体を搭載。ロボットが自ら効率よく作動できるよう学習する機能を持たせる「フィールド・システム」を発表。DMG森精機<6141>もマイクロソフト社と協業し、IoT技術を活用するため、マイクロソフトのソフトウェア、クラウドを利用する。

 ジェイテクト<6473>は加工作業を行っている工作機械の状況を示すデータからトラブルの兆候をつかみ、加工品質の向上や保全を効率化するシステムを披露した。中堅工作機械メーカーである碌々産業は微細加工機の開発に特化しており、同社では平均粗さ2ナノメートル以下を目指した微細加工機「ジェネシス」を開発。これにセンサーを用い、稼働状況を24時間リアルタイムで監視する試みをJIMTFを機に行う。多くの工作機械メーカーが競うようにIoTを導入し、効率化や問題把握・解決といった、これまで人の手で行われてきた分野を自動化する試みが見られる。

 また今回注目されたのは台湾の工作機械メーカーの進出だ。台湾の工作機械メーカーであるアキラ・セイキは、新潟県にあるニイガタ機械と合弁で工作機械を販売する新会社を11月に設立。JIMTOFにも出展し、今後日本で縦型マシニングセンターなどの工作機械の販売に注力する。同じく台湾の麗馳科研は愛知県にあるバレイテックスと輸入販売代理店契約を結び、JIMTOFに5軸制御立形マシニングセンターを出展。今後国内工作機械市場はますます競争が激化しそうだ。

 盛況のうちに終わったJIMTOF。出展規模は過去最大。IoTや人工知能などの新技術の発展が目覚ましく、今後ものづくりの現場にも大きな変革が訪れると感じさせた見本市であった。(編集担当:久保田雄城)

■関連記事
【自動車部品業界の2016年3月期決算】北米向けが好調で前期はおおむね好決算。しかし今期は円高を想定し保守的な見通し
偽装問題で揺れる三菱自動車グループとの取引は大半が中小企業 地域経済や雇用への大きな影響の可能性も
15年のパワー半導体世界市場規模は前年比7.0%減の148 億2,000万ドルに 中国と欧州市場の景気減速などがマイナス要因に
企業の技術を守れ!産業スパイ行為対策で関税法改正の方針へ
【自動車部品業界の4~9月期決算】北米向けが好調で上半期は軒並み最終増益。しかし下半期の見方は強気と弱気で真っ二つ

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連記事