103万円の壁『撤廃必要』茂木自民政調会長

2016年10月10日 10:04

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 夫婦共働きで妻の年収が103万円以内なら、夫の所得から38万円を控除して税金を軽減する「配偶者控除」の見直しについて、自由民主党の茂木敏充政務調査会長は9日のNHK番組で「これから年末にかけて具体的に議論していく」としたうえで「撤廃が必要と思っている。現状の維持はない」とした。

 茂木政調会長は「103万円を超えると、夫の所得からの控除額が減少していくということで、年末になると、パートの主婦の方が103万円を超えないように労働時間の調整に入る」と指摘した。

 また「雇用主も慣れているパート労働者が年末になると来てくれないということで、新しい方を探さなければならないので、苦労されている。実質的に103万円の壁を撤廃する必要があると思っている」とし「現状維持はない」と明言し、『改選したい』とした。

 民進党・大串博志政務調査会長は「社会保険についても、妻の収入が130万円までは夫の扶養だが、超えると保険料を妻が自分で払わなければならなくなる。社会保険の在り方についても議論を進めていくべきだ」と提案した。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
配偶者控除「政府・与党税調で議論丁寧に」総理
若年層・低所得層配慮へ所得控除見直し 麻生氏
老後は妻の働きが必要 その落とし穴とは
「女性は出産後もずっと働く方がよい」3ポイント低下 世論調査
子育て中の女性、「配偶者控除の廃止に賛成」わずか13%

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード所得配偶者控除茂木敏充

広告

写真で見るニュース

  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
  • (c) 123rf
  • 使用イメージ。(画像: サンワサプライの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース