103万円の壁『撤廃必要』茂木自民政調会長

2016年10月10日 10:04

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 夫婦共働きで妻の年収が103万円以内なら、夫の所得から38万円を控除して税金を軽減する「配偶者控除」の見直しについて、自由民主党の茂木敏充政務調査会長は9日のNHK番組で「これから年末にかけて具体的に議論していく」としたうえで「撤廃が必要と思っている。現状の維持はない」とした。

 茂木政調会長は「103万円を超えると、夫の所得からの控除額が減少していくということで、年末になると、パートの主婦の方が103万円を超えないように労働時間の調整に入る」と指摘した。

 また「雇用主も慣れているパート労働者が年末になると来てくれないということで、新しい方を探さなければならないので、苦労されている。実質的に103万円の壁を撤廃する必要があると思っている」とし「現状維持はない」と明言し、『改選したい』とした。

 民進党・大串博志政務調査会長は「社会保険についても、妻の収入が130万円までは夫の扶養だが、超えると保険料を妻が自分で払わなければならなくなる。社会保険の在り方についても議論を進めていくべきだ」と提案した。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
配偶者控除「政府・与党税調で議論丁寧に」総理
若年層・低所得層配慮へ所得控除見直し 麻生氏
老後は妻の働きが必要 その落とし穴とは
「女性は出産後もずっと働く方がよい」3ポイント低下 世論調査
子育て中の女性、「配偶者控除の廃止に賛成」わずか13%

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード所得配偶者控除茂木敏充

広告

写真で見るニュース

  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
  • さんすて岡山飲食ゾーンのイメージ(JR西日本など発表資料より)
  • 使用されているスーパーコンピュータ(画像: IBMの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース