米T-MobileのプリペイドSIMを使い、事前契約無しでネットワーク無料Webサーフィンする方法が発見される

2016年9月21日 16:51

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

taraiok曰く、 米大手キャリアT-Mobileのプリペイド型サービス用SIMカードを使い、契約や支払いをすることなしにWebサーフィンを行う方法が発見されたそうだ(MOTHERBOARDArs TechnicaSlashdot)。

 通常、プリペイド向けのSIMは利用前に利用登録を行う必要があるのだが、17歳の高校生ヤコブ・アジットさんが任意のURLに「/speedtest」と付けることで利用登録なしでWebアクセスを行えることを発見。アジットさんはその後、任意のサイトに簡単にアクセスできるように専用のプロキシサーバーを作成したとのこと。

 T-Mobileは4Gネットワークの速度を実証するためのマーケティングツールとしてスピードテストツールを提供しており、この文字をホワイトリストに入れているため登録せずにWebアクセスが可能になっているのではないかと見られている。なおMOTHERBOARDの記事によれば、この方法はT-MobileのプリペイドSIMでしか使えない模様。同誌がこの件でT-Mobileに問い合わせたものの、回答はなかったとしている。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | ネットワーク | 携帯電話 | 携帯通信

 関連ストーリー:
米T-Mobileの制限付き「無制限」プラン、姑息だとツッコまれる 2016年08月31日
FREETEL、MVNOサービスで特定アプリの通信を無料化。使いすぎユーザへは法的処置を実施 2016年03月10日
正確にブロードバンドのスピードテストを実行するには? 2014年10月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードプリペイドSIM

関連記事