GoProが同社製カメラを搭載できるドローン「Karma」を発表

2016年9月21日 16:54

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 近年では安価なドローンが多く発売されているが、小型カメラ「GoPro」シリーズを手がけるGoPro社が、GoProを搭載して飛ばせるドローン「Karma」を発表した(Engadget Japanese)。

 ドローン本体と専用コントローラー、ブレ軽減のためのスタビライザー、専用ケースなどが同梱されている。カメラは別途入手する必要があるが、価格は9万円を予定しているとのこと。飛行可能時間は約20分で、操縦には専用コントローラを使用する。コントローラはディスプレイを搭載しており、撮影中の映像を確認することもできるという。また、Android/iOS用のコントロール用アプリもリリースされる予定だそうだ。なお、重量は1006g。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア

 関連ストーリー:
IntelがAtomプロセッサ搭載ドローン「Aero」を発表 2016年08月22日
ドローンを専攻できる高校が開校 2016年08月03日
佐賀県で夜間にドローンを飛ばして害虫駆除をする実証実験 2016年07月20日
小型のカメラ用電動スタビライザー市場が開けつつある 2015年11月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードドローン

広告