スマホゲームアプリへの課金率全国一位は香川県

2016年9月15日 12:42

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

大広によるスマートフォンでのゲームアプリの利用実態についてのアンケートの結果が8月29日に発表された。都道府県別にみると利用時間、課金ユーザーが最も多いのは香川県。また、課金額によってアプリをダウンロードするきっかけも違っていることがわかった。

大広によるスマートフォンでのゲームアプリの利用実態についてのアンケートの結果が8月29日に発表された。都道府県別にみると利用時間、課金ユーザーが最も多いのは香川県。また、課金額によってアプリをダウンロードするきっかけも違っていることがわかった。[写真拡大]

写真の拡大

 広告代理店の大広がスマートフォンアプリの利用実態について、都道府県でどのような傾向があるかアンケートを実施した。全国47都道府県の20~59歳を対象に人気ゲームアプリを中心に20アプリについて調査は行われた。調査項目は「利用時間」、「課金状況」、「課金額別のユーザー実態」などだ。利用時間と課金層が最も多い都道府県は香川県という結果になった。

 利用時間の全国平均は30分未満が65.9%と、短い時間でゲームアプリを楽しんでいる傾向があることが分かる。1日のゲームアプリ利用時間の項目で1位の香川県は、同時に1日2時間以上利用している都道府県としても全国1位となっている。1日2時間以上利用している都道府県は徳島県や高知県も上位にランクインしており、四国地方はゲームアプリのヘビーユーザーが多いことがわかった。

 ゲームアプリへの課金状況に関しては、全国平均が本年度12.2%、昨年度は14.6%なので課金をせずにゲームアプリを楽しむ傾向が増えていることが読み取れる。都道府県別にみると、課金をしているユーザーが日本一多いのは香川県の20.0%。月に1万円以上の課金をする課金ヘビーユーザーが5.0%と日本で一番多いのも香川県である。

 昨年度の調査では、香川県のゲームアプリの利用時間は24位、課金ユーザーは35位、課金ヘビーユーザーが31位と比較的下位に属している。いずれの項目も今年度になって大幅にランクアップした形になっていた。

 ゲームアプリをダウンロードする際の重視点を見ていくと、課金ヘビーユーザーは「有名な企業のアプリである」が1位となり、次いで「テレビCMをしている」が挙げられた。このことから、企業名を含むテレビCMは課金ヘビーユーザーへのアプリダウンロードに強い影響があることが推察される。それに対し、無課金ユーザーは「通信料・料金がかからない」ことを重視しており、アプリのダウンロードの時点で課金ユーザーと無課金ユーザーに差があることがわかった。(編集担当:久保田雄城)

■関連記事
15年の国内コラボレーティブ/コンテンツアプリケーション市場規模は前年比成長率5.4%の3,860億9,400万円
ユーザーはSNSごとに用途使い分け ニールセン、SNS最新利用動向を発表
医療分野にも多言語対応の音声翻訳技術の導入を 富士通とNICTが実証実験
フリーWi-Fiの認証を簡略化 電話での登録が台場で可能に
5月の平均でSNSは月間で17日間利用、1日当たりの平均利用時間は36分間

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードスマートフォンゲーム香川県徳島県高知県

広告

広告

写真で見るニュース

  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース