今年の紅葉、残暑の影響で色付きはやや遅い―ウェザーニューズ

2016年9月7日 17:46

小

中

大

印刷

もみじ見頃予想マップ (ウェザーニューズの発表資料より)

もみじ見頃予想マップ (ウェザーニューズの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 ウェザーニューズは7日、全国の紅葉見頃予想を発表した。それによると、残暑の影響で色付きは例年よりやや遅く、北日本や東日本の高い山での見頃は例年よりもやや遅くなりそうだという。一方、10~11月の気温が平年並となる東~西日本では、例年並の時期に紅葉を楽しむことができそうだとしている。

 また、東~西日本では秋に適度な日照や雨、気温低下が見込めることから、鮮やかな紅葉が期待できるという。代表的な名所の見頃は、山形蔵王(山形県)は10月8日頃から、いろは坂(栃木県)は10月20日頃から、嵐山(京都府)は11月18日頃からの予想となっている。

関連キーワード京都府山形県栃木県ウェザーニューズ

関連記事

広告