JASRAC新理事長、絵画や小説と言った音楽以外の分野での著作権管理に意欲を示す

2016年8月10日 09:00

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 やや旧聞となるが、JASRACの浅石道夫理事長が7月に会見を開き、絵画や小説といった音楽以外の分野での著作権管理に進出することについて述べたことが話題となっている(朝日新聞CNET JapanTogetterまとめ)。

 浅石氏は6月末に就任した新理事長で、会見では、「美術も文芸もJASRACで全部(許諾を)取れちゃうとなれば、利用者には一番よい」と意欲を示したという。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | ビジネス | 著作権 | お金

 関連ストーリー:
選挙活動への楽曲使用には著作権管理団体では無く著作権者本人の許諾が必要 2016年05月10日
新たな著作権管理会社「NexTone」、来年2月より運営開始 2015年12月18日
最高裁、JASRACと放送事業者との包括契約は他業者の参入を排除しているとの判断を下す 2015年04月29日
JASRAC、ネットでの音楽配信管理手数料を引き下げへ 2015年03月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事